CDT(コンピュータ用途CRT)

2007年│2008年

2008年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2005年
2006年××
2007年××××
2008年(見)××××
2009年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2013年)

本稿ではパソコンのCRTモニタに使用されるCDTを対象とする。
CRT(Cathode Ray Tube)はブラウン管、陰極線管といわれ、電子銃から照射された電子ビームを偏向ヨークにより偏向し、ガラス球内の画面に走査させる機器である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、CDT(コンピュータ用途CRT)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
Samsung SDI(韓国)××××
LG Philips Displays(韓国)××××
CPT(中華映管)(台湾)××××
合計××100

2007年 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、CDT(コンピュータ用途CRT)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2008年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2008/2007年)
62.7 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2005-2008年)
- %
長期平均成長率
(2005-2013年)
- %
予測平均成長率
(2008-2013年)
-39.7 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2008 液晶関連市場の現状と将来展望 Vol.1」2008年7月1日刊

Mpac掲載:2009/9/15