電子帳票関連ツール(設計・出力)

2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年2019年2020年
2021年

2021年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年
2019年
2020年××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

本項では、帳票レイアウト(請求書、伝票、見積書、納品書等)の設計及び基幹系システム・情報系システムとの連携により蓄積された数値や顧客情報等のデータを反映し、完成した帳票類の出力(印刷、PDF、「Excel」、テキストデータ等)を行う電子帳票の設計・出力ツールを対象とする。
当該市場は大量の帳票を取り扱う大手企業を中心に、出力作業の業務効率化や、海外拠点・オープン環境下での従来帳票環境の実現、PDFや「Excel」での帳票設計・出力の実現等の目的で導入が進み、市場が拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、電子帳票関連ツール(設計・出力)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ウイングアーク1st××××
富士通××××
キヤノンマーケティングジャパン××××
オプロ××××
トヨクモ××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、電子帳票関連ツール(設計・出力)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
103.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
- %
長期平均成長率
(2018-2025年)
- %
予測平均成長率
(2021-2025年)
3.5 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2021年版」2021年8月16日刊

Mpac掲載:2022/7/20