PONシステム(OLT、ONU)

2007年│2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年2021年

2007年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2004年
2005年××
2006年××××
2007年(見)××××
2008年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2012年)

PON(Passive Optical Network)システムは、インフラに光ファイバーを利用し、通信キャリアの局舎とユーザー宅間で光信号によって通信を行う装置である。
PONシステムは、光カプラ(スプリッタ)と呼ばれる分岐装置を用いることで、OLT(通信キャリアの局舎に設置するタイプ)と光ファイバーを複数ユーザーで共有し、効率的にアクセスネットワークを構築できる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、PONシステム(OLT、ONU)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
三菱電機××××
富士通テレコムネットワークス××××
住友電工ネットワークス××××
NEC××××
日立コミュニケーションテクノロジー××××
沖電気工業××××
古河電気工業××××
フジクラ××××
その他××××
合計××100

2006年 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、PONシステム(OLT、ONU)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2007年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2007/2006年)
137.9 % ★★★★★★★★★☆
3年平均成長率
(2004-2007年)
- %
長期平均成長率
(2004-2012年)
- %
予測平均成長率
(2007-2012年)
-6.2 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2007 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧(上巻)」2007年10月5日刊

Mpac掲載:2008/11/15