帯域制御装置/DPI

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年
2017年
2018年××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

当該装置は、ネットワークの経路上に設置してトラフィックを監視し、定義されたポリシーに基づいて帯域を制御してパケットロスなどの遅延をコントロールする装置である。
本項では、帯域制御機能を専用機として提供する製品と、IPパケットのデータ部分を読み取り、シグネチャによるパターンマッチを利用することで高度なトラフィックの識別や可視化を実現するDPI(Deep Packet Inspection)を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、帯域制御装置/DPIの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Sandvine Japan××××
シマンテック××××
アンリツネットワークス××××
アロットコミュニケーションズジャパン××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、帯域制御装置/DPIの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
115.3 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
- %
長期平均成長率
(2016-2023年)
- %
予測平均成長率
(2019-2023年)
7.2 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2019 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧」2019年9月19日刊

Mpac掲載:2020/8/20