ヘアケア:ダメージケア(カラーケア)

2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

ダメージケア(カラーケア)市場は、カラー施術によって傷んだ髪の補修に加え、ヘアカラーの発色を維持する機能を訴求した商品を対象とする。
尚、毛髪の褪色抑制を訴求した商品のうち、成分中に色素を配合し、髪色のキープを訴求した商品(ヘアカラーシャンプー/リンス・コンディショナー/トリートメント)はヘアカラー分類となり、本項対象外とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ヘアケア:ダメージケア(カラーケア)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
P&Gジャパン××××
コーセー××××
資生堂××××
ユニリーバ・ジャパン××××
ホーユー××××
はぴねすくらぶ××××
アルペンローゼ××××
アイエスリンク××××
ファンケル××××
日本ロレアル コンシューマープロダクツ事業本部××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ヘアケア:ダメージケア(カラーケア)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
102.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-0.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018--年)
- %
予測平均成長率
(2021--年)
- %


出典:富士経済「機能性化粧品マーケティング要覧 2021-2022」2021年12月10日刊

Mpac掲載:2022/11/18