敏感肌(カウンセリング)

2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

スキンケアの敏感肌対応は、アレルゲンとなりうる化粧品成分の配合を最小限に抑え、アレルギー等肌のトラブルを防ぐ機能である。
本項は、アレルギー性疾患から体調や季節による不安定肌まで幅広い範囲を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、敏感肌(カウンセリング)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ピエールファーブルジャポン××××
資生堂××××
ドクターシーラボ××××
シーエーシー××××
カネボウ化粧品××××
ディセンシア××××
アルソア本社××××
アクセーヌ××××
コーセー××××
ドクターフィルコスメティック××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、敏感肌(カウンセリング)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
103.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
2.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015--年)
- %
予測平均成長率
(2018--年)
- %


出典:富士経済「機能性化粧品マーケティング要覧 2018~2019」2018年12月11日刊

Mpac掲載:2019/11/20