カラーコンタクトレンズ

2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本稿ではディスポーザブルタイプのコンタクトレンズのうち、レンズの黒目の部分に色彩を入れることで黒目の色を変える目的のカラーコンタクトレンズと、レンズにサークル状のフチ・色彩・柄が入っており黒目の割合を大きく見せるサークルレンズを対象とする。又、視力矯正を目的とせずファッション目的で使用する度が入っていない商品も対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、カラーコンタクトレンズの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ジョンソン・エンド・ジョンソン××××
SEED××××
T-Garden××××
アイセイ××××
日本アルコン××××
Lcode××××
PIA コーポレーション××××
シンシア××××
アイレ××××
メリーサイト××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、カラーコンタクトレンズの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
107.9 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
8.6 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2014--年)
- %
予測平均成長率
(2017--年)
- %


出典:富士経済「美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ 2018」2018年2月15日刊

Mpac掲載:2019/1/18