強心剤

2007年2008年2009年2010年│2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年2021年

2011年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2008年××
2009年××××
2010年××××
2011年(見)××××
2012年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2014年)

強心剤はセンソ2~5mgやゴオウ2~20mgを含有する薬剤を対象とする。
また、薬効分類上で循環器・血液用薬に位置付けられ、主に生薬を含有した処方が中心で、動悸や息切れを訴求し心臓機能の正常化が血液の循環を改善し各器官の機能の強化につながる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、強心剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
救心製薬××××
クラシエ薬品××××
亀田利三郎薬舗××××
エーザイ××××
その他××××
合計××100

2011年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、強心剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2011年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2011/2010年)
98.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2008-2011年)
-2.0 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2008-2014年)
-1.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2011-2014年)
-0.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「一般用医薬品データブック 2011 No.2」2011年4月22日刊

Mpac掲載:2012/5/15