妊娠診断薬

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2018年2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2026年)

妊娠診断薬は、尿中のヒト絨毛性腺刺激ホルモン(hCG)を検出し、妊娠を検査する医薬品である。
当該市場は、2017年に前年のアリナミン製薬(旧・武田コンシューマーヘルスケア)の参入で上向いたが、その後は出生数の減少が続き、又、経済的に安心して子育てができるのかという問題も顕在化し、市場の伸び悩み傾向が続いている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、妊娠診断薬の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
オムロンヘルスケア××××
ロート製薬××××
ミズホメディー××××
アラクス××××
アリナミン製薬××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、妊娠診断薬の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
98.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-2.3 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2026年)
-1.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2026年)
-1.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2021 一般用医薬品データブック No.1」2021年6月3日刊

Mpac掲載:2022/5/20