歯槽膿漏治療剤

2007年2008年│2009年│2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年

2009年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2006年××
2007年××××
2008年××××
2009年(見)××××
2010年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2012年)

歯槽膿漏治療剤は、薬効分類上は歯科口腔用薬の歯痛・歯槽膿漏薬に該当し、歯に付着した歯垢が原因として起こる歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)の治療薬である。
歯肉炎・歯槽膿漏を含む歯周病は自覚症状がないため、症状の進行を把握することが難しく基本的な対応策としては食後の「歯磨き」の励行が挙げられる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、歯槽膿漏治療剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
佐藤製薬××××
ライオン××××
小林製薬××××
エーザイ××××
三宝製薬××××
その他××××
合計××100

2009年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、歯槽膿漏治療剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2009年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2009/2008年)
100.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2006-2009年)
-0.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2006-2012年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2009-2012年)
0.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「一般用医薬品データブック 2009 No.2」2009年4月10日刊

Mpac掲載:2010/5/15