風邪滋養内服液

2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2021年)

風邪滋養内服液は、滋養強壮保健薬で1回飲みきりタイプの液剤の内、感冒時の滋養強壮、栄養補給を目的として使用される医薬品を対象とする。
風邪滋養内服液全体市場は第一三共ヘルスケアの「ルル滋養内服液」が牽引する形で成長を遂げてきたが、2000年代半ば以降は医薬部外品を中心とする伸長により増加基調が続いた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、風邪滋養内服液の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
全薬工業××××
大正製薬××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、風邪滋養内服液の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
98.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-1.7 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2021年)
-1.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2021年)
-1.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 一般用医薬品データブック No.2」2018年7月31日刊

Mpac掲載:2019/6/20