皮膚治療薬

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

皮膚治療薬は、虫さされに対するかゆみ止め以外の湿疹、かぶれ、かゆみ、皮膚炎等を効果・効能とした外皮用薬を対象とする。
改正薬事法の施行に伴って、従来は非処方箋医薬品扱いであったステロイド剤や抗生物質が、一般用医薬品として承認を取得するケースが2009年以降見られた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、皮膚治療薬の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
小林製薬××××
第一三共ヘルスケア××××
ロート製薬××××
池田模範堂××××
田辺三菱製薬××××
武田コンシューマーヘルスケア××××
佐藤製薬××××
ライオン××××
興和××××
資生堂××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、皮膚治療薬の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
103.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
5.0 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2023年)
3.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2023年)
1.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2020 一般用医薬品データブック No.2」2020年6月12日刊

Mpac掲載:2021/5/20