止瀉薬

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2021年)

止瀉薬は、下痢の症状の緩和を目的に使用される。有効成分としては、下痢の原因となる微生物に対する殺菌作用を有する塩化ベルベリン、アクリノール、クレオソート、腸管のガスや有毒物質を吸着して取り除く吸着剤である活性炭、ケイ酸アルミニウム、腸管粘膜を保護・収斂させる作用を持つタンニン酸、ビスマス剤、止瀉生薬であるオウレン、オウバク、ゲンノショウコ等がある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、止瀉薬の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
大幸薬品××××
ライオン××××
大正製薬××××
クラシエ薬品××××
興和新薬××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、止瀉薬の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
101.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-0.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2021年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2021年)
0.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 一般用医薬品データブック No.1」2018年7月2日刊

Mpac掲載:2019/5/20