胃腸内服液

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2026年)

胃腸内服液は、総合胃腸薬、健胃・消化薬、制酸薬、鎮痛鎮痙胃腸薬で構成される胃腸薬のうち、内服液タイプの医薬品を対象とする。
当該市場は、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃のむかつきや二日酔いへの対策を訴求しているが、近年健康志向の高まりや仕事関連での飲食機会の減少等に加え、肝臓水解物配合のミニドリンク剤(本項対象外)や健康食品等との競合により、市場は縮小傾向にある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、胃腸内服液の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
大鵬薬品工業××××
興和××××
大正製薬××××
佐藤製薬××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、胃腸内服液の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
103.7 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-9.3 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2026年)
-3.9 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2026年)
-0.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2021 一般用医薬品データブック No.1」2021年6月3日刊

Mpac掲載:2022/5/20