セラミド

2008年2010年2011年2013年2015年
2016年2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2026年)

セラミドは、表皮の最上層の角質層に存在する細胞間脂質であり、皮膚の保湿機能改善や、水分蒸発、刺激や細菌等から皮膚を守る機能がある。原料は、コンニャク芋やコメ、トウモロコシ、小麦、大豆、甜菜、ミルク、リンゴ、パイナップル、ミカン等がある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、セラミドの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ダイセル××××
オリザ油化××××
一丸ファルコス××××
日本製粉××××
丸善製薬××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:kg、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、セラミドの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
104.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
5.6 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2026年)
3.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2026年)
2.3 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「生物由来有用成分・素材市場徹底調査 2020」2019年12月2日刊

Mpac掲載:2020/11/20