ユーグレナ

2015年

2015年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2012年××
2013年××××
2014年××××
2015年(見)××××
2016年

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、主に淡水域に生息する単細胞の微細藻類の一種であり、その多くが自己を構成する成分の大半を光合成により創出する独立栄養生物であり、細胞内には各種ビタミン及びミネラル、必須アミノ酸、不飽和脂肪酸等多数の栄養成分を含んでいる。
嘗てはユーグレナの培養は困難とされていたが、2005年にユーグレナが食品用素材としての屋外大量培養に成功し、翌2006年にユーグレナを用いた製品が販売されたことで、当該市場が形成されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ユーグレナの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ユーグレナ××××
合計××100

2015年 見込 (単位:kg、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ユーグレナの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2015年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2015/2014年)
129.6 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2012-2015年)
27.2 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2012-2020年)
14.4 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2015-2020年)
7.4 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2015年版 生物由来有用成分・素材市場徹底調査」2015年6月4日刊

Mpac掲載:2015/12/18