プラセンタ

2015年│2016年2017年2018年2019年

2015年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2012年××
2013年××××
2014年××××
2015年(見)××××
2016年

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

プラセンタは、哺乳類の多くが妊娠時に体内に形成する胎盤を指しており、構成成分は蛋白質や脂質、糖質の三大栄養素やビタミン、ミネラルの他、遊離アミノ酸や核酸、細胞増殖作用を持つ様々な成長因子等が含有されている。
用途としては更年期障害や肝機能改善等に投与される医薬品や、サプリメントや飲料といった食品用途、化粧品向けに幅広く採用されており、特に細胞増殖因子を持つことから、アンチエイジング等を目的とした美容系のサプリメントや化粧品として採用されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、プラセンタの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
スノーデン××××
日本バイオコン××××
公知貿易××××
ホルス××××
日本ハム××××
一丸ファルコス××××
その他××××
合計××100

2015年 見込 (単位:kg、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、プラセンタの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2015年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2015/2014年)
110.0 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2012-2015年)
12.6 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2012-2020年)
5.6 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2015-2020年)
1.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2015年版 生物由来有用成分・素材市場徹底調査」2015年6月4日刊

Mpac掲載:2015/12/18