チルドミートボール

2006年│2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年2019年2020年

2006年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2003年××
2004年××××
2005年××××
2006年(見)××××
2007年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

チルドミートボールは、家庭の弁当用の需要を取り込んで拡大したが、それ以外の需要が広がらず1990年代には市場は頭打ちとなった。2002年の前半は、BSE騒動の影響が残り、日本ハムの偽装表示事件で一時的に商品が売場から撤去される事態もあったが、後半に需要が回復し、僅かながらも業績はプラスになった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、チルドミートボールの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
石井食品××××
日本ハム××××
プリマハム××××
丸大食品××××
マルシンフーズ××××
その他××××
合計××100

2006年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、チルドミートボールの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2006年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2006/2005年)
101.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2003-2006年)
1.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2003-2011年)
0.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2006-2011年)
0.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2007年 食品マーケティング便覧 No.1」2006年9月12日刊

Mpac掲載:2008/9/15