仕事中の間食に関するアンケート調査

調査対象 一都三県在住の20歳~59歳の会社員(正社員、派遣社員、契約社員)男女 800名(男女各400名) 調査実施先 株式会社マーシュ
調査方法 インターネット調査(実施先の自社モニター ) 調査期間 2018/05/11~2018/05/16

調査結果の概要

インターネット調査会社の株式会社マーシュでは、一都三県在住の20歳~59歳の会社員(正社員、派遣社員、契約社員)男女を対象に、仕事中の間食に関するアンケート調査を実施しました。まず、仕事中(勤務時間中・休憩中を含む)に、お菓子やガムを食べることはありますかと尋ねたところ、『食べることがある(「毎日食べる」「毎日ではないが、よく食べる」「ときどき食べる」「まれに食べることがある」:計)』方は、2014年11月に実施した調査時から約1ポイント増加して86.0%でした。男女別で見ると、女性が91.4%から91.0%と0.4ポイント減少しているのに対し、男性が78.8%から81.0%と2.2ポイント増加しています。「毎日食べる」「毎日ではないが、よく食べる」と回答した高頻度喫食者について2014年度調査と比較すると、女性は65.6%から63.8%で1.8ポイント減少しているのに対し、男性は40.0%から47.6%で7.6ポイント増加しました。女性の方が喫食者が多いものの、男性の喫食頻度が高くなっていることがわかりました。仕事中に食べることのあるお菓子について尋ねました。その結果、「チョコレート菓子」71.4%が最も多く、以下「飴(キャンディー)」62.9%、「タブレットミント(フリスク、ミンティアなど)」44.3%の順でした。また、最もよく食べるものTOP3は「チョコレート菓子」30.1%、「飴(キャンディー)」18.9%、「ガム」18.3%でした。仕事中に食べるお菓子はどこで購入していますかと尋ねたところ、勤務中に購入する人より出勤前にあらかじめ購入して持ってくる人の方が多数を占め、「自宅から持ってくる」と回答した人が72.1%となりました。「オフィス内の自動販売機」5.2%や「オフィスコンビニ(置き型の無人タイプ)」5.1%はあまり普及していないのかどちらも5%程度にとどまりました。最後に、5つの項目を挙げて仕事中のお菓子に関する意識や考えについて尋ねました。[お菓子は職場の交流・コミュニケーションに役立つ]と『思う(「そう思う」「ややそう思う」:計)』方が72.2%、[お菓子を食べると仕事がはかどる]と『思う(同)』方が64.2%となりました。[仕事中のお菓子はできるだけ控えたい]について「どちらともいえない」と回答した方が最も多く38.5%でした。

調査結果

あなたは、お仕事中(勤務時間中・休憩中を含む)に、お菓子やガムを食べることはありますか。(1つ選択、n=800、※朝食やランチ、残業中の夜食などのお食事は除きます。)(単位:%)
あなたがお仕事中(勤務時間中・休憩中を含む)に食べることがあるお菓子をすべてお選びください。(複数選択可、n=688、※仕事中にお菓子やガムを食べることがある方、5項目抜粋)(単位:%)
その中で、最もよく食べるものを1つだけお選びください。(1つ選択、n=688、※仕事中にお菓子やガムを食べることがある方、5項目抜粋)(単位:%)
お仕事中(勤務時間中・休憩中を含む)に食べるお菓子やガムは、どこで購入していますか。(複数選択可、n=688、※仕事中にお菓子やガムを食べることがある方)(単位:%)
以下の項目についてあなたの考えをお知らせください。(それぞれ1つずつ選択、n=688、※仕事中にお菓子やガムを食べることがある方)(単位:%)